So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自分、不器用なんで…担当医変更の道程② [乳がん]


こいのぼり~

さて、GWですね♪
GWが明けたら乳腺外科の診察があるので、それまでに変更の道程を書かねば!




乳腺外科の担当医との診察が散々だったすがめ、癌相談の専門ワーカーもいる病院相談室へ。
診察日には予定がつまっていたそうで、別の日に面談に行きました。

私「担当医とどうしても合いません」
理由などを説明

ワーカー「そうしたら乳腺外科のナースさんと話をして曜日、担当医をかえたいと言ってください」


乳腺外科にスタスタ行き、受付でナースと話したいと言う。

受付が奥に話をしに言って、すぐ帰ってくる。

受付「曜日と担当医をかえるのでしたら、次の診察のときに現在の担当医にそれを言ったら出来ますとのことです」

私「……」

相談室に行ってももうワーカーはおらず、帰宅後電話をするが、なんだか捕まらず数日後に電話で話をする。

私「もう担当医と話をするのも精神的に無理なので調整できませんか?旦那の付き添いだと、旦那が怒って殴りかねません」

ワーカー「旦那さんが殴ったらどう思います?」

私 (どうもこうも知らんがな!っというか、例え話であって本当にはならないように努力しとるやろ!)

ワーカー「でもあなたがいないところで色々話されても嫌でしょ?」

私「嫌じゃありませんが」

ワーカー「精神の病気が酷くなっているんじゃありませんか?よく主治医変えてるんでしょ?」

私「そんなことは精神科の主治医とも話していて無いと思いますが…」

ワーカー「じゃあ私が付き添ったんでいいでしょ?」

私 (あー、貴方ワーカーとしての共感能力ありませんね。貴方がくるとややこしくなるわ…。他の相談の選択肢を考えよう)

私「緩和治療のナースさんと話せませんか?」

ワーカー「なんで?」

私 (癌治療の時に精神的、肉体的に辛い時に受診するからに決まっとろうが!)
「相談したいんですけど」

ワーカー「じゃあ、ちょっと聞いてみますね」

電話終了。


色々ムーリー!!!
で、最速でかかりつけの精神科を受診しました。

私 (あれこれ説明) 「なかなか担当医をかえられなくてしんどいです」

院長先生「それ、病院をかえた方がいいですよ」

私「了解!」


次に家に近い大学病院の癌相談のワーカーさんに電話して転院可能か問い合わせをする。

ワーカー曰く、今の病院の中でナースと話せないことが不思議に感じる
(乳腺外科にはメンタルサポートも兼ねたナースがいつもいるはず)。
相談室にナースが所属していることが一般的なので、そのワーカーだけで色々判断しているのが不思議に感じる。
大学病院は主治医が転院受け入れ可能と判断したらこれますよ、とのこと。


という訳で、次は今かかっている乳腺外科に電話をする。

私「転院したいのですが」

受付「そうしたら紹介状を書いておくので最後に抗がん剤をもらった時に受け取れるようにしますね」

担当医をかえるより、病院をかえる方が呆気なく出来るとは、これいかに!?


とりあえずこれが最後と我慢をして担当医から処方箋だけもらいに受診日に行く。

担当医「紹介状は受付で受け取ってください。データはこの病院で検査したもののみです」

私(見もしないで適当に頷く)

担当医「薬は何を出しましょうか?」

私「抗がん剤だけでいいです」

また血液検査に一言も言及せず、副作用もきかずという担当医の相変わらずぶりに呆れながら病院を去りました。

まだまだ担当医変更の道程は続く…



あしあと(43)  コメント(13) 

すがめさんからのブログ紹介



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。